Top
2010年 02月 02日
Snow woman
My wife, Natsu... She's so funny.
c0022914_22391834.jpg

[PR]
# by matsumo_h | 2010-02-02 22:38 | Photo

2010年 01月 30日
totoro
Taken at Kusatsu.
c0022914_058751.jpg

[PR]
# by matsumo_h | 2010-01-30 12:00 | Photo

2008年 04月 05日
転職して1週間
新しい会社に入って、第1週が終わった。
体は疲れないが、気疲れ~。(^^;
[PR]
# by matsumo_h | 2008-04-05 14:10 | Business

2008年 02月 24日
転職
4月1日付で新しい会社に行くことになりました。

3月の途中から、有給消化し、3月末の1週間は新会社で引継ぎなどをする予定。
[PR]
# by matsumo_h | 2008-02-24 22:00 | insight

2007年 09月 29日
F1ムービー

土曜日におこなわれたF1予選のムービーです。
初ムービーアップfromケータイです。
[PR]
# by matsumo_h | 2007-09-29 17:54 | from Mobile

2007年 09月 29日
F1観戦中
c0022914_16582965.jpg

今年の開催コースは富士スピードウェイ。
雨の中、レースは開催された。
[PR]
# by matsumo_h | 2007-09-29 16:58 | from Mobile

2007年 09月 27日
Philippines旅行 第6日目
朝、少しのんびり目にホテルをチェックアウトして、広村くんの会社のドライバーさんに空港まで送ってもらう。チェックインしてチケットを受け取る際に空港使用税を払う必要があることを知る。手元にはもうほとんどペソが無い。仕方ないので、空港にある銀行で換金。何を間違えたか、金額が足らず、2度目の換金をしたら、まだ足らず。3回も換金しに行って、空港の銀行のクラークは、日本人は計算も出来ないバカだ、と思ったことだろう。

出国手続きを済ませ、ホンの少し残ったお金でワンタンヌードルと肉まんを二人で分けて食べる。お腹はまだ復調していないので、そのくらいで十分。その後結局飛行機の中で出た機内食は、味見をした程度。どうも鳩尾のすぐ下辺りがずーっとシクシク痛い。

飛行機の乗客は、相変わらず品がなさそうな男が多い。行きの飛行機の際にも感じたが、どうも品位の低い感じの男性客が多いのがフィリピン便の特徴のようだ。キャビンアテンダントさんを「ねぇちゃん」呼ばわりするような、そんな感じだ。

お腹の調子は成田についてもとうとう治らなかったので、健康相談室へ立寄ってみる。バリからの帰りにも世話になったがその際は、念のため検便もした。今回は女医さんが出てきて熱を測ると37.1度、「まぁ、多分大丈夫でしょう」と。赤痢とかコレラだったら高熱が出ると言うことでの判断らしい。まぁ、一応一安心して、バゲージのピックアップ、そして税関申告を抜けて京成スカイライナーへ乗り込む。5泊6日のフィリピン旅行はあっという間だった。




Trip to Philippines


本当は、ルソン島北部の世界遺産の町「ビガン」なんかにも行ってみたかったのだが、またの機会に。では、これにて、フィリピン旅行記はおしまい。
[PR]
# by matsumo_h | 2007-09-27 23:59 | Travel

2007年 09月 26日
Philippines旅行 第5日目
いよいよ島とお別れ。朝早く朝食を摂って、昨日の夜し忘れていたチェックアウトを終え、船へ。昨日写真を撮ったスタッフの一人が一緒に乗船。本島の歯科医へデンタルケアに行くそうだ。帰りの船の操船をさせてもらって、喜んでいた。

沿岸の民家の写真を撮ったりしながら船は船着場まで向かう。息の船から一緒だった韓国人ファミリーは、帰りも一緒。そこで3組のファミリーのうちの一人の奥さんが我々に日本語で話しかけてきた。なんでもいとこが日本に住んでいるらしく、彼女も数ヶ月、日本で毎日ショッピングに明け暮れる生活をしたことがあるそうだ。あー、悪口とか言わなくてよかったと、実は後からおくさんとほっと胸をなでおろした。ちなみに3家族は同じ会社の社員繋がりだとのこと。HPだって。

船着場に着くと次はジプニー。途中、来るときも見た島の一般民家脇を通り、さらに牛の放牧場を抜けると空港の敷地へ。掘っ立て小屋のようなターミナルビルに着き、チェックイン。待合室に場所を占めて、ああ、これで島とはお別れだな~と感慨にふけっていると急に土砂降りの雨が。いわゆるスコールのような感じ。しばらくやまないので、最後は大量の赤いパラソルがどこからか運び込まれて、乗客はその傘をさして、飛行機のハッチを目指した。

マニラの国内空港ターミナルに到着すると、予定通り広村くんが迎えに来てくれていた。実は1時間ほど飛行機が遅れたのだが、根気良く待っていてくれた。いったんホテルに向かい、チェックイン。まだ時間が早いので、予想通り、荷物は部屋に持ち込めず、ベルボーイに預けて、こちらでNo.1のハンバーガーショップJolliBeeにてお昼ごはんを食べ、それから市内の名所旧跡観光へ。広村君の計らいで、運転手さんを回してくれたので、車でスペイン統治時代の旧跡エリアへ行ってもらった。
c0022914_239492.jpg

4時頃にホテルに戻ると部屋の準備は出来ていた。いったん部屋に戻り身軽になってから、ホテル付近のスーパーマーケットへお土産を買いに出掛ける。ドライマンゴー、大袋に入ったホールズ、M&M’sのチョコ、へなちょこのインスタントラーメン類。部屋に荷物を運び入れ、しばらく休んでからもう一度ショッピングモールに行き、奥さんはパーティードレスみたいなのを買っていた。
c0022914_2311088.jpg

夕食はマニラ近郊では一番の富裕層エリアでFort Bonifacioというところへ向かった。新しく出来ているモールで、普通は屋内型のモールが多いフィリピンにあって、屋外通路で個別の店が立ち並ぶモールは珍しいとか。モールの入口に程近いところにあるスペイン料理の店に入った。(本当に申し訳なかったのだが、お腹が辛くて、せっかくの美味しい料理をたくさん残すことになってしまった)

本当はその後またGOGOバーにでも繰り出すかという話もあったが体調不良で2軒目は辞退し、ホテルに戻って休息した。

PhilippinesのPhoto Albumはこちら
[PR]
# by matsumo_h | 2007-09-26 23:59 | Travel

2007年 09月 25日
Philippines旅行 第4日目
c0022914_2323554.jpg

旅も後半戦に突入。バリ島のときもそうだったが、どうもお腹が弱すぎ。下痢もひどくてかなり衰弱気味。実は夜中に1時間から1時間半おきに目が覚めて、トイレに行く始末。そこで、朝食(おかゆにマンゴジュースだけにした)のあと、フロントデスクによって薬はないかと聞いてみるとDocを呼ぶのでClinicの前で待つよう言われた。Jonasという若いドクターが問診してくれて、普通下痢は2日くらいで治るものだが、君のは程度がひどいようだから、まずはこの薬を飲んで様子を見よう、とおなかの薬と下痢止めを2回分くれた。朝飯を食べたところだったので、奥さんの待つレストランに戻りお水を頂いて、薬を飲む。次は昼飯の後だ。

それと明日帰るという話をしたところ、帰りの移動中が辛いだろうから、出発の1時間前に2錠飲みなさい、といって、下痢止めを更に出してくれた。
c0022914_233334.jpg

体調が悪いので、自分はコテージ前のビーチチェアで読書をして過ごし、奥さんは更にシュノーケリング。しばらくして、せっかく海が目の前にあるのだから、やっぱり潜ってみようと思い直し、一人シュノーケルを目の前の浜で行ってみた。しかし、やはり昨日、目の前の浜をひとりでシュノーケルした奥さんが言っていた様に、目の前の浜の浅瀬のところには珊瑚の死骸が大量に。これも環境破壊のせいなのか、はたまた、たまたま汐の流れで珊瑚の死骸が集まるのかは不明だが、ちょっと寂しい気持ちになった。まだ一人で沖合い遠くまで行く勇気がなくて、それほどきれいな状態の海を見ることも無く、引き返し、体を拭いて、また読書へと戻った。
c0022914_2343755.jpg

夕方、亀の放流を行うよ、とマサヨさんが教えてくれたので5時過ぎにクラブハウス前の浜に繰り出すと、フロントのスタッフ達が自分達の写真を撮っている。それを横から一緒に写真を撮らせてもらっていたら、仲良くなって、僕の撮った写真を送ってくれ、と言う。約束をして、更に亀の放流までの時間、しばらく写真を撮ったりして過ごした。
c0022914_235330.jpg

予定時刻の5時半が過ぎても、いっこうに放流が始まる気配が無い。奥さんはこの放流をみるために当初5時に予約したSpaでのマッサージを時間変更して6時からにしたので、放流がずれると、何のために予約変更をしたかわからない状態。韓国人ファミリーの子供たちが遅れてやってきたところで、やっと、放流が始まった。
c0022914_2354774.jpg

島の客でもあり、この放流の責任者の白人の太った男性(大学の先生かなにか、かな?)が亀の産卵やなぜ、分散して放流しているのかについて、説明している。僕はそれを聞くのに夢中になり、あまり良い写真が撮れなかった。おくさんは、「おっ!」と言う写真を収めていて、やはり彼女のカメラセンスには脱帽である。

放流の儀式終了後、おくさんはSpaへ、僕は残りの読書を終えるべくクラブハウスで時間をつぶし、7時過ぎから島での最後の夕食を摂った。
c0022914_238136.jpg


PhilippinesのPhoto Albumはこちら
[PR]
# by matsumo_h | 2007-09-25 23:59 | Travel

2007年 09月 24日
Philippines旅行 第3日目
c0022914_22564658.jpg

朝から体調不良である。正確には、夕べ以来お腹がくだるは、吐き気はするは、ちょっとひどい状況になってきた。まだ、以前タイに行ったときになってしまった症状まではいかないけれど、結構辛い。そんなわけで朝飯はシリアルとFour Seasons Juiceとミルク入りのコーヒーだけにした。

本当は、朝焼けの空を撮りたいと思って、早起きをしたのだけれど、どうも天気が勝れないので、もう一度寝てみたがそうそう寝られもせず、6時からビュッフェに行ったのだ。朝食の後、ダイビングセンターに行き、シュノーケルの用具一式を借りた。まずは当初の予定通り島の浅瀬でシュノーケリング。人生で初体験のシュノーケリング。最初はおっかなびっくりだった僕もそれほど力を入れずに十分進むし、息継ぎの心配もないし、コリャ楽しいわい、と盛り上がり、1時間くらい海の散歩を楽しんだ。カクレクマノミは見ることが出来なかったけれど、エンゼルフィッシュや青いヒトデなど、トロピカルな色彩の魚貝類をたくさん見ることが出来た。
c0022914_22583279.jpg

1時間ほどシュノーケルをやったら、体が冷えてしまったのでいったん自室に戻り、そこからシャワーを浴び、着替えをして、今度は島の頂へのトレッキングを楽しむことに。いったん島の北側にあるHidden Beachに行き、そこから山登りの道へと踏み入れる。本当はラグーン脇の道から山登りのルートへ行けるのだが、先週毎日降っていたという雨のせいでラグーンが溢れてしまい道も水没していた。昨日はそんなこととは露知らず、しかも、雨が降ってきてしまったという緊急事態であったため、ジャバジャバとその溢れかえった水の中を歩いたのだが、今日は時間に余裕もあるし、遠回りして、濡れない道を選んだ。(濡れない道を選んだ割にはHidden Beachの砂浜に張り出した岩場を回避するためいったん海の中を歩いたのでちょっと水には漬かったが)

山への道を登り始めるとポツリポツリ、雨が降り出した。どうもこの島の神様は僕らが山の頂に行くのを好まないらしい。やむを得ないので急ぎ足で例のラグーンの方へ向かうと徐々に雨脚が弱まってきた。これは行っちゃった方が良くないか?という判断をして、来た道を引き返し、山道を登り始めた。途中、珍しい木の実やサルノコシカケか?と言うようなキノコなどを見つつ、頂上を目指した。20~30分程度で途中にある屋根付の東屋に到着。椅子も無いし藪蚊がいるのでそこで休むことはせず、更に上を目指す。その頃までには足を既に4~5箇所は蚊に喰われていた。

最後の急坂を上ると山の頂へと到着。急に視界が開けたところにあったのは想像していたのとはちょっと違って、セメント造りの展望塔。本当は、丸太で出来た何とか砦の見張り台見たいのを想像していたが、ちょっとイメージが違った。そこまで着くと、また雨が降ってきた。展望台に上ってぐるっと四方を見回した後、おっかなびっくり、石で出来た梯子状のステップを下りて、地に足を着ける。どうも高いところは苦手だ。

山を降りていると途中、これが道かなぁ?と思うような脇道があり、奥さんがそっちへ行ってみようというので、そちらを使ったら、なんと僕らのコテージのすぐ裏にあるテニスコート脇に出ることが出来た。わずか10分か15分と言った所要時間。下りだったと言うことを考え合わせても20分程度で頂上に到達できる道ということになる。なんと!

部屋に戻って昼飯を食べにレストランエリアに行き、ご飯を食べてから、体調の悪い僕は部屋で休み、奥さんはコテージ前の海へ潜りに行った。感想を聞くと珊瑚の死骸ばかりでイマイチだという。そこで、夕飯前にもう一度綺麗なところで潜ろうと言うことになって、船着場の脇のエリアへシュノーケルの道具を持って出掛けた。そこはかなり条件が良く、珊瑚がいっぱい、カラフルな魚もいっぱいであった。

島の生活はあくせくしないのが良い。シュノーケルから帰って、シャワーを浴び、しばらくのんびり。僕は本を読み、奥さんは日記を書いたり写真をパソコンに取り込んだり。それにしてもアメリカに行く前に買ったこのVAIO SRX、もうだいぶ年季は入っているが、十分、旅行時の画像ストレージと日記書きに役立ってくれる。

閑話休題。そのあと夕飯へと出掛ける。我が家は夕飯の始まる7時にはすぐに席に着く。うちの奥さんが、まだ他の客があまり来ないうちに誰も手をつけていないビュッフェ料理の写真を撮りたいからだ。それゆえ、夕飯は結構早く終わってしまう。今日もご飯を食べ終わり、デザートを頂いて、さぁ、そろそろ、お暇しようかな、と言うタイミングで、アナウンスが入った。Club Paradiseのメンバーによるダンスショー!
c0022914_22594675.jpg

なんと、日々顔をあわせているHappyやJoi、はたまたバーエリアの男の子などがみんなの前でダンスを踊ると言うのだ。この島の基本はみんな手作り感覚で、と言う雰囲気だが、こんなところもアットホームで、気持ちを和ませてもらえる。このダンスで目を釘つけにされたのはJoi。普段はあどけなさが残る、かわいらしい女の子なのだが、きりりとメークをして、民族衣装に身を包まれると、雰囲気が違う。若かりし頃のあべ静江風、と言っても誰もわからない?そういえば、こちらで見かける人達の仲で、ああ、こういう日本人いるよな!って感じる人が時々いる。明らかに南方系の人やスペイン人と混血したんだろうな、と言う人もいるけれど、原日本人的な顔立ちの人も良く見かける。せっかくのダンス、写真をいっぱい撮ったが、やはり暗すぎて、ぶれてしまう。かといってフラッシュを焚くのも雰囲気が違ってしまうし、まぁ、この写真は記念というか、そこに居合わせたんだな、っていう証ってことで。
c0022914_2302570.jpg

ダンスを楽しんだ後は自室に戻り、読書を続ける。本1冊のうち、半分は超えたようだ。

PhilippinesのPhoto Albumはこちら
[PR]
# by matsumo_h | 2007-09-24 23:59 | Travel




撮影機:■DoCoMo N902iX High-Speed (mobile phone 4 megapixcel) ■PENTAX k-x (12.4 megapixcel) ■Olympus C-40 (4 megapixcel)
by matsumo_h
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お気に入りブログ
【SF 17.5MHz】...
NSR
極私的マーケティング論
ピーママときたま日記
旅の記憶 - trave...
Girasol
There's No P...
おもと屋・地震雲  日星園
奈都さまの場所
《 盆草遊楽 》
ドラゴンソムリエの飲んだ...
I'm still gr...
SPAIN FOTOS
ブログでTEZZY
Jardin life
カフェ & 手ごねパン教室
LINK LINK LINK
カテゴリ
全体
Photo
Words
insight
Business
New York
Seoul
Kyoto
from Mobile
Bali
music
Travel
以前の記事
2013年 06月
2011年 06月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 05月
2010年 02月
2010年 01月
2008年 04月
2008年 02月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
最新のトラックバック
デッケーーーおぱいw
from むろい
進化バトン
from 極私的マーケティング論
もうすぐ満開じゃ
from 成功の旅
英会話のネタ
from ネタ蔵
iPodのネタ
from ネタ蔵
PENTAX *ist ..
from ֥?Ǿ!Blog-Headl..
George Rhoad..
from レスペス・トランクィル
George Rhoad..
from theMatsumoPhot..
George Rhoad..
from レスペス・トランクィル
ススキの道
from デジカメ散歩道
ライフログ
検索
タグ
(3)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
その他のジャンル
Photomemo
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ホームページ制作